思い出に残るように|七五三の写真をバッチリ決めるには|忘れられない日になる
写真

七五三の写真をバッチリ決めるには|忘れられない日になる

思い出に残るように

カメラマン

いつでも大丈夫

七五三は、子どもの成長を祝うための重大なイベントです。子どもに綺麗な着物を着せてあげて、思い出に残る写真を残すことが大切です。七五三は、家族で神社で参拝します。11月15日に参拝することが決まりのようですが、特別こだわる必要はありません。10月や11月の休日など、家族の都合が合う日にすることができます。七五三の写真の場合、基本的にはスタジオで撮影します。スタジオでプロに撮影してもらうため、必ず記念に残ります。子どもだけではなく、お父さんやお母さんも一緒に撮影することもできます。子どもは着物を着て、女の子の場合はメイクもします。そのため、写真撮影の前日から体調管理をしっかりとする必要があります。

負担をかけないようにする

七五三のお祝いをする当日は、非常に忙しくなります。写真撮影、神社への参拝、家族での食事などイベントが盛りだくさんです。大人の場合は大丈夫ですが、主役である子どもが疲れてしまう可能性もあります。特に三歳の子どもならなおさら大変です。そのため、一日で全てを行わない方法もあります。写真撮影は当日ではなく、前撮りで済ましてしまう方法があります。前撮りの場合、当日よりも混雑する心配がありません。子どもも写真撮影だけのため、負担を少なくすることができます。注意点としては、三歳の子どもの場合、幼いです。早生まれの子どもが前撮りをすると、他の子どもたちと比べて幼すぎてしまう場合があります。そのため、前撮りの時期をよく考える必要があります。